タイに恋した男の物語

マンゴとカエルと共に暮らすのヒマ トックが日本に住所を移し
タイでの出来事などを思いのままに書いて行きます

 治療費1800万円

2017年08月22日 01時00分00秒 | 旅行
 

 訪日タイ人の女性が緊急搬送されて、1800万円の医療費が掛かったと言う事で有る。


 道路で倒れていた時に、心臓マッサジを受けて搬送されて、一命をとりとめたらしいが。


 タイで日系の子会社の社員だそうだが、何年かかっても支払うそうである。


 私もタイで暮らしいた頃は、JRカードの保険しかなく、期限をオーバすれば無保険であった。


 タイの保険に入ろうと思って事も有ったが、外国人の生命保険は保険料が高いので、


 やめる事にしたのだが、彼女と娘は安心と安全の為にと相当前から障害保険に入って居たらしい。


 車も車両保険にも入っていたし、タイは事故が多いから、金額は決して安くはなかった。


 その頃は娘は中学から高校生で、車の集団登校していたので、


 事故に遭う事は無いと思っていたが、やめろとは言われず、


 喧嘩になるのを避けるために、無駄な出費と思うが黙ってうなずいていた。


 タイに居てマンゴを運ぶ改造自動車が、散歩中に通り掛かり、


 彼女と娘がマンゴの収穫に行くから乗らないかと言われ、のこのこと付いて行ったのだが、


 マンゴを収穫して、出荷するのに時間が無いと、急いで帰っていたのだが。


 行く時は助手席に乗っていたのだが、帰りは助手席に犬が座っており、


 荷を積んでいるので荷台には座るところが無く、可哀そうと思い私は荷台の後ろに尻を載せて、


 乗っていた時に、急いでスピードを出していたので、マンゴ農園の中の道が凸凹があり。


 大きく弾んだ時に、荷台をしっかり持っていないため、振り落とされて、


 背中ら落ちて、改造車は知らずに走り去って行く、


 これは大変と大声で叫ぶが、聞こえないらしい暫く言って、気が付き止まってくれた。


 このまま置いて行かれると、歩くことも出来ず気が付くまで、


 暑いマンゴ農園に探しに来るまで、いなければならない事になっていた。


 やっと彼女と娘の肩を借りて、帰る事が出来たのだが、


 彼女の言いぐさが、荷台に乗ったらしっかりと、捕まっていないからだと言う。


 それがタイの常識であるが、コン イプン(日本人)は荷台に乗る事は無い。


 その日は運が悪い事に、日曜日である、病院は休みである。


 それから半年近く背中の痛みに悩まされて、今もあの時付いて行かなければ、


 こんな目に会う事は無かったと、後悔しているのである。タイ・ブログランキング
 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

 日本でタイの気候を感じる

2017年08月20日 01時00分00秒 | 旅行


 日本の近頃の気候は、異常気象とは言いながら、雷が鳴り強風が吹き始めて、凄い勢いで雨が降り出す。


 まるで熱帯地方のようである。


 毎日エアーコンのお世話にならなければ、熱中症になるのは間違いないのである。


 テレビの横の字幕には、毎日熱中症注意情報がテロップで、流されているが、


 東日本は日照時間が短いために、農作物に被害が出ていると言っているが。


 タイでは雨が降らず暑い時に、急に雷が鳴り、強風が吹いて来ると、雨が降ると喜んでいたが。


 黒い雨雲は家の上には来なく、ほんの数百メートル離れた所で雨を降らせていた。


 それかと思えば、車で走っていた時に急に暗くなり、大粒の雨が降り、


 そこら一面の道路が水が溢れだす事も有った。


 ピサヌロークの町から田舎町に帰って来ると、道路が濡れている雨が降ったのと思った事も有った。


 タイの気候は気まぐれで、テレビの天気予報は、当てにはならないと思うし


 予報が当たる事も無かったと思う。タイ・ブログランキング
 
コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

 動乱のバンコクになるのか

2017年08月19日 01時00分00秒 | 旅行



 日本のバンコク大使館から、注意情報が出されていると、言う事で有る。


 インラック元首相の裁判の判決が、8月の25日に出るらしく、


 タイの東北部などから動員が出されて、バンコクに集まって来る心配が有ると言う事であるが。


 地方役所の経費を使っての、動員手当だろうと言う噂もあるらしい。


 私がバンコクでデモを見たのは、初めの頃の黄シャツと言われた、デモ隊であるが、


 スクンピット通りをプロポン駅方面に向かっていたが、


 センターン前から集まって、スクンピット通りに向かったと思うが、


 プロポン駅方面に向かうバスに乗っていたが、ナナ駅を過ぎた位で、


 バスが進まなくなり、車掌がバスはUターンして帰るから全員降りてくれと言ったらしく。


 皆バスから降りて行くので、私も降りて歩く事となったのだが。


 降りて歩道をデモ隊と平行して歩いて、ホテルに帰ったことを思い出すが、


 なんとなく危険な感じはしていたが、デモ隊は暴れる様子もなく歩いていたと思う。


 赤シャツ位から暴れだしたと思うのだが、その頃は田舎町で暮らして居たので、


 テレビの画面を見る位と、ピサヌロークの町に出ると、赤シャッの待機場所などが、


 駅の近くに出来ていたが、余り大きな騒ぎにはならなかったと思う。


 今回は軍が道路に検問所を作って、監視していると思うから。


 大きな騒ぎにならない事を祈るのみである。タイ・ブログランキング
コメント (8)
この記事をはてなブックマークに追加

 私の知ることが出来なかったイサーンの貧困家庭

2017年08月17日 01時00分00秒 | 旅行


 私はリビアの派遣の期間でも、りビヤ人の生活などに興味があり、色々な同じ職場のメカニックなどの、


 家に招待されたりして、興味深く観察するのが好きであった。


 タイに遊びに行きだしても、仲良くなった女性の住処を尋ねるのが、興味があり、


 家に案内して貰っていたのであるが。


 イサーン出身の女性と仲良くなり、どんな所に住んで、どんな生活をしているのか、


 興味がわき案内させて、部屋を見る事ができたのでるが、


 ラチャダー地域のマンションと言うか、門番が居る5階位の部屋に住んで居た。


 部屋に入るとベット、冷蔵庫、テレビ等がが有って、


 タイ人にしては良い生活をしているなと思ったが、


 部屋には窓が無いのである、窓のない部屋を見るのは初めてである。


 何か閉塞感を感じ、長いは無用と自分のホテルに帰ったのであるが、


 次に有った時、チェンマイを観光して、その娘の実家の近くの遺跡に行く事になっていた。


 チェンマイ観光の時、友達と言う観光案内人の夫婦と、同行する事になったのである。


 色々な名所は見て歩けたが、経費も思ってより掛かり、バンコクに帰っても、


 予定と違い向こうの思うつぼに、引っかかってしまっと思っていた、


 イサーンの遺跡旅行には、娘の実家に泊まる事になっていたが、


 姉が実家の親の面倒を見ているのだが、テレビや冷蔵庫も無いので、私が買ってやると言う話が付いていた。


 今考えれば馬鹿で甘い話であるが、その時は人を助けても良いと思っていた。


 だけど実家の姉から家には、泊まれないと電話が有り、ホテルに泊まって欲しいと言う事で有った。


 その後家に寄ってくれと言うのである。


 私はその時は状況を理解できなかった、多分私の事が気に入らないのだろうと思っていた。


 私はイサーンに行かないと言い、喧嘩となったが、約束の冷蔵庫とテレビを買うお金は渡した。


 娘一人でイサーンの実家に帰って行った。


 娘が帰るまでバンコクで待っているとの約束であったが、別の飛行機のチケットを買い、


 娘が帰るまでに日本に帰っていた。


 娘からは私が帰る正規の予定の日に、飛行場で貴方を探したがいなかったと、連絡が有ったが、


 勿論無視をしたので有るるが、今考えるとタイの貧困家庭の家は、


 外国人を泊める余裕も無い酷い所で有ったと、思うのであるが。


 縁が切れて、返って良かったと思うこの頃である。タイ・ブログランキング
コメント (8)
この記事をはてなブックマークに追加

 田舎の家の犬

2017年08月16日 01時00分00秒 | 旅行


 日本の家には犬を飼っているを、多く見かける。


 朝早く散歩をしていて出会うのは、犬を連れた人たちである。


 鎖をして連れているから、安心であるし、予防注射もしているだろう。


 タイの田舎の家には泥棒避けに、犬を飼っているが、放し飼いである。


 親戚の家に行っても初めに出て来るのは犬である。


 見知らぬ人を見ると吠え立てる、家の人間が出て来て犬を叱るのが、


 何時もの光景である。


 家から散歩したいと思って道を歩いていると、道路に犬が出て来て吠えまくる。


 次の家にさしかかると違う犬が吠えて来る、散歩が出来る状態でない、


 車で走っていても吠えて来る位である。


 ある時バイクでファランの新しい家を見に道路を走っていたら、


 突然大きな犬が飛び出してきた、良く見ると警察犬のシェパードである。


 スピードを落としていたので追いつかれそうになり、


 急いでアクセルを回したが、直ぐにはスピードが上がらない。


 ワンワン吠えながら追って来る、咬まれる事なく逃げ切ったが。


 冷や汗をかいた事を思い出す。


 だから道を歩く時は竹竿かポケットに石を入れていたのである。


 タイに犬にかまれたら、直ぐに病院にいくが、咬んだ犬の持ち主が治療費を払う。


 タイ人なら何処の犬か解るが、我々外国人は解らないので注意するしかないし。


 狂犬病の予防注射を受けていない犬も多い、


 家の犬も家に来た親戚の人を咬んだ事が有るが、予防注射を受けた証明書を見せて、


 病院に連れて行くようにしている。タイ・ブログランキング
コメント (8)
この記事をはてなブックマークに追加

 タイ嫁の3パターン

2017年08月14日 01時00分00秒 | 旅行


 私がタイ移住生活で、外国人のタイ嫁を観察すると、3パータンに分けられると思います。


 あくまでも私の観察で、個人的意見として捉えて貰いたいです。


 まず初めに彼女の様な働き者の嫁は、外国人の嫁としては少ないと思います。


 遊んでいることが嫌いで、私が働きに日本に帰ってる間でも、


 車でバーベキュー店を開店して、タラート(市場)や学校の前で店を出していた。


 だけど何か事業をして成功したいと言う夢が有り、


 採算を度外視した、事業の拡大を図り、失敗をする事が多い。


 2番目は働かず、賭け事など遊び好きで、夫の貯金を食いつぶして、お金が無くなり、


 夫婦別れして、夫は寂しく帰国するパターンである。


 勿論親兄弟には援助や事業をしているが、成功する事は無い。


 3番目は悪女と言うパターンである、


 インターネットなどで知り合い、定年などで退職金を持った歳をとった外国人を、


 自分の家で同棲して、家を新築すると金を出させ、完成目前に、


 追い出してしまい、年寄りの外国人は、いつの間にか姿が見えなくなっていた。


 良くある話であるが、恋人を兄弟と偽って、外国人と結婚して、


 恋人を車の運転手として家に同居させて、子供が出来ればあなたの子と言い。


 外国人の夫は国で働いているので、休暇しか帰って来ず、


 その間は恋人と過ごしているのだが、恋人のタイ人との子供で分かりそうであるが、


 我が子と信じている、お目出度い外国人も何人いるのである。


 タイ人妻の浮気は良く聞く話であるし、夫の外国人が留守の期間はタイ人の恋人が家に居て、


 外国人の夫が帰ってくれば、タイ人の恋人は自分の家に帰っていると言う事で有る。


 外国人が田舎の町では、調べようがなく、タイ人の親族は絶対口を割らない。


 若い娘を嫁にしたと喜びすぎないでほしい。タイ・ブログランキング
コメント (8)
この記事をはてなブックマークに追加

 タイに再び住めない理由

2017年08月12日 01時00分00秒 | 旅行


 タイで私と一緒に生活してくれるなら、家に帰って来ても良いと言っているが、


 再び住むと言う事は、金銭的に大きな出費となる。


 私がいない間は、家の補修はしていないし、車も10数年乗っているので、


 変え替えの時期に入って居る。


 家は新築当時から雨漏りがして、業者が修理しにきていたが、治らなかった。


 瓦屋根なので葺き替えとなれば、相当の費用がいるだろう。


 窓はサッシになっているが、ずさんの工事で、網戸は締まりが悪く、隙間が空いている所も多く、


 窓のサッシの交換などで、新しいこじんまりとした家を建てた方が良いかもしれない。


 それは生活のレベルの問題で、その状態の家で我慢できるかと言う事である。


 タイはご存知の様に、風が吹けは小さな砂が網戸を通り抜けて、室内に入って来る。


 家の中をわが物顔で入って来る蟻、家の中の虫を食べてくれる可愛いヤモリ。


 庭には時々訪れる色んな種類の蛇たち。集団でやって来て家の軒先に巣を作る雀、


 可愛い色んな動物に遭えるが、その様な生き物たちと格闘の日を過ごしていた。


 隣の家のノンチャイが、豚を飼育していると言う、臭い臭いが風で臭ってくるとも言っていた。


 住み始めた頃道路を挟んで、前の家で豚を飼っていたが、風向きによっては、


 家の庭に臭って来ていたが、幸いにことに養豚を止めたので助かっていたが。


 隣となると豚の臭いと鳴き声で大変と思う。


 時々尋ねていたファラン(白人)が、タイ人と隣に暮らすのは嫌だと言って


 家の周りの田圃を数拾ライ買って隣に家を建て無くして、買ったタイ人達に貸していた。


 タイに住んで刺激的生活を送るか、日本でのんびりとした生活を送るかである。


 貴方ら何方を選びますか。タイ・ブログランキング
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

 下層階級タイ人の脱出方方は

2017年08月10日 01時00分00秒 | 旅行



 まず一番に誰でも考えるのは、娘を風俗で働かせて、外国人と結婚させて、


 土地と家を買って貰い一緒に暮らす事で有るが、それも成功するのはほんの一部の人間と思う。


 又外国人が全部お金持ちではなく、家を作るお金を持っていないファラン(白人)もいた。


 運良くファラン(白人)等に土地や家を買って暮らし始めても、


 ファラン(白人)の持ってきたお金を浪費して食いつくしてお金が無くなり、


 ファラン(白人)は寂しく本国に帰り、家族の住んでる家と土地は残ったが、


 又娘は出稼ぎに出るが、甘い話は転がっていない。


 イサーンの娘の話だが、最初はスェーデン人と結婚して、スェーデンに暮らしていたが離婚して、


 アイルランド人と結婚したが、アイルランド暮らすので、娘の親は結納金を金持ちのタイ人の、5倍以上の値段を吹っかけて、


 花婿のアイルランド人は親族も連れて来ていたので、持って来ていたお金が足りなくなり、


 日程を早めて帰国したそうだ。


 タイ人でも真面目に働いて土地を買い、そこにマンゴの苗木を植えて大きくしながら、


 マンゴ農園を広げて100ライ近く持っている人間もいる。


 その様な人は夫婦とも働き者で、浮気もせず自分の土地を広げるのが生きがいの様だ。

 
 下層のタイ人は、外国人は金の成る木と思って、土地、家、車と要求してくる。


 その後兄弟の事業資金まで、面倒を見るようになる。


 投資したお金は貰ったものと勘違いして、利益は入って来なく失敗で、


 借金が無ければ幸運である。タイ・ブログランキング
コメント (8)
この記事をはてなブックマークに追加

 タイ人の親子関係

2017年08月09日 01時00分00秒 | 旅行
 

 タイの田舎でも大学に進学する子供たちが増えているが、途中で退学する子供も多い。


 その多くは恋人がいて勉強に興味が無くなって、退学するのと、子供が出来て等で有る。


 相手の男は高卒で仕事をしていて、高校時代から付き合っていて、


 大学を卒業すれば、田舎町から出て就職して、他の男に恐れがあるからと思うのである。


 親も結婚して入り婿に来てくれたら、仕送りをする必要もなく、金銭的に楽になるからである。


 親も娘も大学で勉強して、学位を取ろうと言う気持ちが無く、

 
 娘の婿が出来れば、養子に入り親の後の農業を、継いで働いてくれたら、


 良いと思っているのだから、何時まで経っても貧困から抜け出せない。


 確りした娘は大学を在学中に恋人を見つけて、大学を卒業して就職している。


 その後二人して働いて、結婚資金を貯めて親に結納金を差し出しているが、


 彼女の親戚の親はそのお金を受け取らず、二人に返していた。


 彼女の娘が大学に入った時の寮は、大勢の生徒が入って居たが、


 3か月も経たない内に、半分以下になったと言うが、


 退学や寮を出て、大学の近くの部屋を借りて出て言った様だ。


 私は1年間は寮から出て言ってはいけないと言い、


 1年間過ぎて部屋を借りて移るのには、反対しなかった。


 タイの親は子供に甘く、子供の言いなりになる親が多い気がする。


 彼女の娘でも大学を出して、親への仕送りや貯金が無くても、


 マイ ペンライで娘の器量が悪いと言っても、


 娘が好きと言っても、ミャンマーの少数民族の男を婿に取り、


 結婚式を上げるお金も無いので、式もしないと言う。


 私には関係のない事だが、タイ人の心が解らない。


 差別的と言われると思うが、自分の娘なら許すことはないが、


 タイ人の考え方は、永遠に理解できないだろう。タイ・ブログランキング

 
コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

 タイの日本食レストラン

2017年08月08日 01時00分00秒 | 旅行


 タイのバンコクで、日本食レストランの新規開店の店が多く進出している。


 価格は日本と比べて余り変わらないと思うのだが、


 タイには多くの日本の会社や、従業員も多く住んで居て、


 又観光客も多いのだが、それだけでは採算が合うわけはないのと思うのだが、」


 タイ人の客が多く見かけるのだが、値段的に言ってもタイ食の店よりも遥かに高額で有る。


 タイの賃金が上がったと言っても、若いタイの男女の客を見ると不思議に見えるのである。


 私はタイに行くと日本食の店で無く、大型店のフードコートで券を買い食べている。


 色々種類も多く、辛い物が苦手な私でも、下手なタイ語で指さしてペット ノーイ(あまり辛くないか)と聞く


 安くて美味しいし、夕飯として容器に入れて貰って、ホテルまで持ち帰る事も有る。


 彼女と娘の話をしていた時である、犬のコロが肥満で体調が悪く、医者に連れて行く


 お金が無く困っていて、私に送金してくれと言われていたが、


 近内にタイに行くのと、送金の手続きが面倒で、ほったらかしにしていたのである。


 私がタイに行く前に死んだので、色々と文句を言われたが、


 その時娘が働いているので、娘に援助して貰えば良いじゃないかと言うと。


 娘は日本食が好きで、月給の大半を日本食レストランで使っていて、


 貯金が殆ど無いと言う、タイの若い男女も大学を出ても、そう言う人が多いのだろうと、


 思った次第である。タイ・ブログランキング
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

 タイでの大きな勘違い

2017年08月07日 01時00分00秒 | 旅行


 私がタイに行き始めた頃は、各家には古びたバイクしかなく、車などは無く、


 ファラン(白人)が持っていた、位だったが日本に帰国する頃は、


 中古車であるが、ピックアップトラックが、殆どの家に見られるようになっていた。


 住み始めた時、タイの物価は安いし、タイ人の日当は安いし、毎日仕事が有るわけで無いのに、


 良く生活出来ると思ったものだ。


 田舎で住み始めて大きな勘違いは、自分は金持ちでタイ人とは違い、


 お金は少々使っても無くならなく、嫁の親族を助けてやっても、自分が困る事は無いと思ってしまうのだ。


 その思いは日本人だけでなく、フアランも同じような失敗を犯し、


 田舎町からいなくなっている。


 外国人は注目されるし、タイ人とは違うと言う、変な自尊心が湧いてくるのだ。


 タイに住んで居ても、日本と同じような生活がしたい。


 車を買い電気製品をそろえるが、安物はすぐ壊れて又買い替えなくてはならない。


 毎日が暇な日を過ごしていると、何か趣味を持ちたいと思う。


 彼女が芝生を植えて芝を刈る機械が居る、タイの気候は暑いから直ぐ芝が伸びる。


 草刈り機ではくたびれるから芝刈り機を買う。


 それから日本では土地が狭いから、池などは作れないが、彼女が池を造ってくれる。


 鯉を買う事にするが、タイでは鯉の値段が安いので、大量に池に鯉を入れると。


 酸素不足か死んでしまう。酸素を送る機械を買ったのに駄目だった。


 その後は金魚や、蘭などと、手を出したが、私が日本に帰って来て見れば、


 ことごとく枯れたり死んでいた。


 彼女は私は忙しく面倒を見る暇はないと言う。


 だけど日本では実現できなかった、芝生の庭や、池の鯉や、日本では飼う事が出来ない。


 家の軒先に金魚の池を造り、日本では見られない大きな金魚を飼育していた。


 暖かいタイだからできる事だと思う。


 話は少し脱線気味だと思うが、タイの魅力に自分を見失い事で有ると思う。タイ・ブログランキング
コメント (9)
この記事をはてなブックマークに追加

タイで家を建てる

2017年08月06日 01時00分00秒 | 旅行



 ネットの中の相談でタイの田舎で嫁の里で家を建てると言う話が出ていた。


 それも一寸した都市から2時間以上も掛かると言う事で、


 嫁の両親の家にも泊まれない様な、貧乏な一家らしい。


 家を建てると嫁の両親と一緒に暮らすと言い、牛小屋も建てると言う事で有る。


 私も家を建てて、タイに住んで居ない時は、父親が危険と泊まりに来ていたが。


 私が住み始めると自分の家で、義弟と暮らすという話がついていたのらしい。


 タイの習慣で言うと、彼女が親を見なければいけないのであるが、


 私の性格では上手く行かず、家の無い義弟が親を見る事で、義弟が家を持つことが出来ると言う事で有る。


 ファラン(白人)でも親と一緒に住んで、問題が起きているので、


 彼女が初めからそう言う話にしていたと、後から聞かされたのである。


 タイで家を建てる時、日本みたいに予定日近くに家が出来る事は少なく。


 増して田舎では屋根まで出来ているが、6か月近くもそのままの状態の家も多い。


 彼女に聞くと、資金が尽きてお金の都合がつくまでそのままであると言う。


 外国人が家を建てると知ると、賃金を上げろと言って、工事に来なくなる。


 だから私など買い物にも付いてこない方が良いと言われたものである。


 田舎暮らしが出来る日本人は、何方かと言えば、孤独で人好き合いが余り好きではなく、


 たまに話相手になってくれるが、何か長続きしない人が多いような気がする。


 タイ人社会の中で暮らすのだから、日本と習慣も違い、私の様に酒が飲めない人間は


 人と交わる事が好きでなくなり、どの様にして暇を克服するかが、問題で有った。タイ・ブログランキング
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

日本の物価の三分の一とテレビが言っている

2017年08月05日 01時00分00秒 | 旅行


 何気なくテレビを点けてチャンネルを回していると、タイの風景が映ってる。


 若い日本人の娘が今日の主役らしい、近頃タイを取り上げた番組をテレビで良く見かけるが、


 どれもお笑い系か、観光案内の様な番組が多い。


 日本人の女性の職業は電話のオペレーターサービスで、日系の会社で日本からの電話の応対で、


 日本語で話せるので他の国の言葉は必要ないと言う事だ。


 現地採用と同じ位の待遇で、月給13万円と言っていた。


 部屋はタイ人と同じように、台所は無く外での外食と言って、近くに有るタラート(市場)を映していて、


 焼き鳥が30バーツで食べられるとかで食事代は安く、日本の3分の1物価の値段と言っていた。


 だから給料も3倍して、日本で暮らして居たら40万円の給料と、同じ水準と言っていた。


 だが日本人だから日本食は食べないのか、タイの日本食の店の値段は日本と余り変わらない。


 日本人がタイ人と同じレベルで暮らせるのだと思っているのか、


 あきれ果てテレビを見る気もしなかった。


 テレビで昨年頃までは、ロングスーテ番組を数多くしていたが、


 その中でマレシーアが住みやすく、物価も安いからお勧めで、住んで居た人のインタビューもしていたが、


 近頃は見る事もない、経済成長率が高ければ、物価も上がるのである。


 外国で長年暮らそうと思えば、そのリスクも考えなければいけない。


 マスコミに踊らされて、信じてしまうのは愚かで、実際旅行で行っても、


 そこに住み始めると、金の価値や人間関係など、予想もしなかった色々な問題が出て来るのである。タイ・ブログランキング
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

ナム トゥアム(洪水)の季節

2017年08月04日 01時00分00秒 | 旅行



 ネットを見ていると、タイに洪水の季節がやって来たように書いて有った。


 タイの洪水は日本と違い、平野をゆっくりと水が流れているように感じるが、


 実際近くで見ていると、本流はかなり流れが速く見えたが、


 日本と違い高低差余りないので、向こう岸まで船で渡ることが出来たが、


 大きな湖に水が流れている感じであった。


 洪水に遭う家は2階建てで、下の階は洪水に遭っても被害が少なくなるように、


 2階に主な生活用品を置いているようだ、


 タイの大洪水の時にタイに居て、お坊さんと慰問物資を積んで何台も車を連ねて行ったが、


 車を置いて船で物資を届けたが、数隻のの船が待機しており、


 湖の中にお寺が有るように見えたが、十数隻の船が居り、大勢の人が


 救援物資の配布の順番を待って居た。


 大洪水の時は水が1ヶ月近く退かなかったと思う。


 私の住んだ日本の町でも、洪水に遭ったが、他の町から帰ってきたら、


 道路に水が溢れている、家に帰って聞くと大雨が降り、川が氾濫したと言うが、


 我が家は高台に有ったので被害は無かったが、


 狭い地域で川の氾濫で被害が出る事が多いが、タイは広い地域での洪水で、


 日本の洪水と少し違い、毎年その地域は大小の洪水に見舞われて、


 その準備が出来ているように感じたのである。


 そんな地域は水が豊富であり、乾季で他所が米を作れない時でも水田は、青々と稲が育っていた。


 洪水で田圃も栄養分が流れ込んで来るのでは、ないかと思うのであるが。


 昔稲刈りを手伝った事が有るが、タイでは稲穂の下を刈り取っていたのであるが、


 日本の様に稲の根元から刈り取る事はなかったが、高温で熱中症の寸前までになり、


 1,5ℓのコーラを一気に飲み干した事を思い出す。タイ・ブログランキング
コメント (9)
この記事をはてなブックマークに追加

タイ人妻のタイに帰国

2017年08月01日 01時00分00秒 | 旅行


 日本からタイに帰国したタイ人妻の夫婦と、何人かの人と会って話をしたことがる。


 定年などで退職して、日本の財産を処分して、タイで生涯暮らすと言う御夫婦は年齢が高い人が多かった。


 又タイに家を建てて、日本とタイとを、半々の生活をしたいと言う人もいたが、


 タイ人妻がタイに居ると急に強くなり、喧嘩の仲裁に入った事も有る。


 日本で暮らしていたタイ人妻は、日本語が或る程度喋るので、日本人の夫はタイ語の習得があまりよくなく。


 タイ人妻の日本語も、話してみて微妙な点では、意味を知らない事が多く有った。


 日本語教室でも行って勉強している訳でもないし、


 全ての日本語が解ると言っていた、タイ人妻がいたので話を聞いたところ、


 タイ人としては良く知っているが、一寸難しい日本語は解らなかった。


 タイ人は同胞には威張りたいタイプが多くいて、見栄を張りたいのだと思った。
 

 年齢が高くなるほど、タイ人妻の権力が強くなって、


 比較的若いタイ人妻の方が、人間的には話しやすいと感じた。


 彼女の親戚で日本人と結婚したタイ人妻がいるが、タイに家を建て親戚の子を養女に貰っていて、


 養女は日本にも暮らしていた事もあるが、


 家は自分の母親と養女が暮らして居る。


 私がタイに居るとき帰国していたが、彼女の話では一緒に連れて帰った日本人は、


 昔見た日本人と違うので、浮気をしているんだろうと、言っていたので、


 日本人の私を避けて、会う事はなかった。タイ・ブログランキング
 
コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加