活版印刷紀行

いまはほとんど姿を消した「活版印刷」ゆかりの地をゆっくり探訪したり、印刷がらみの話題を提供します。

神田川大曲塾の研究会「欧文印刷」

2011-05-26 16:03:22 | 活版印刷のふるさと紀行
嘉瑞工房の高岡重蔵・昌生さん父子のご紹介を2回にわたっていたし
ましたが、おかげさまでそのお二人を神田川大曲塾の6月研究会の講師
としてお招きできることになりました。
 身近かでありながら私たちは欧文活字や組版について和文ほど詳しく
ないような気がいたしますが、あなたはいかがでしょうか。塾生以外の
ゲスト聴講も歓迎いいたしますので、ぜひ、ご参加ください。

 印刷懇話会 神田川大曲塾第24回印刷文化研究会

・テーマ  『これだけは知りたい欧文印刷の話』

・講 師  高岡重蔵氏(嘉瑞工房相談役・英国王立芸術協会フェロー)

       ・井上嘉瑞さんと私 ・戦中・戦後、日本の欧文印刷
       ・欧文活字と活字組版の美しさ

      高岡昌生氏(嘉瑞工房社長・武蔵野芸術大学講師・ドイツ
      ライプチヒ市印刷技術振興会会員)
       
       ・欧文組版の基礎とマナー ・活版組版とコンピュター
        組版 ・日本人がやってしまうおかしな欧文印刷

・日  時   2011年6月18日(土)16:00~18:00


・場  所  印刷博物館 グーテンベルクルーム
       文京区水道1-3-1 トッパン小石川ビル

研究会終了後、講師を囲んで懇親パーティがありますが、それにご参加
いただく場合は2000円を頂戴しますが、聴講のみの場合は無料。

欧文活字や欧文組版に直接携わっている方はもちろん、欧文のカタログ、
アニュアルレポート・パンフレットのレイアウトやデザインを手掛けて
おられる方、展示会・展覧会の欧文ネームや欧文解説文プレートをデザ
インされる方、グラフィックデザインやエディトリアルデザインなどを
勉強中の学生さんに聴講をおすすめいたします。欧文組版やデザインで
「これだけはやってはいけないこと」を学ぶチャンスです。
 
参加申し込みは
 メール:k-yoshida@fine.ocn.ne.jp


tel:090-5765-4125 あるいは 070-5596-5888


      
ジャンル:
文化
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 日本人がやってしまうおかし... | トップ | 日本の印刷元年はいつでしょ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

活版印刷のふるさと紀行」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事