山・旅日記

クラブの仲間や家族と一緒に登山、トレッキング、旅行に出かけます。その時の様子を写真付きで紹介します。

長野 離山に登る(6月21日)

2017-06-26 20:26:18 | トレッキング
6月21日クラブの仲間と離山(はなれやま)に登った。離山は、長野県北佐久郡軽井沢町のほぼ中央に位置する山で標高1,255m。登山入り口からの比高は300mで道も広く整備されているので老若男女のハイキングコースになっている。この日は前日までの空梅雨が嘘のよう激しい雨が登山開始から下山まで続き雨具を装着しての歩行は蒸し暑さとの戦いでもあった。 . . . 本文を読む
コメント

2017 佐倉城址公園の花菖蒲(6月9日)

2017-06-20 21:00:00 | 近郷散策
6月9日 薄曇りの日、わが家から車で30分ほどの距離にある佐倉城址公園を訪れた。前日のNHK夜のローカルニュースで公園内の紫・黄・白など色とりどりの花菖蒲約9,000株が咲き誇っている様子が放映されたのを見て魅了されたからだ。 . . . 本文を読む
コメント (6)

2017 長野 入笠山ハイキング(6月6日)

2017-06-16 21:05:16 | トレッキング
6月6日クラブの仲間と入笠山(にゅうがさやま)へ4年連続で登った。入笠山は長野県 富士見町と伊那市に跨る標高1955mの山で、南アルプスの北端に位置している。「花の百名山」の一つに数えられ、特に南アルプスに初夏を告げるスズランが有名で「鈴蘭山」とも呼ばれている。当日は天候に恵まれ、山頂から八ヶ岳連峰、中央アルプス、南・北アルプス、諏訪湖、を臨むことができた。しかし入笠湿原では期待した日本スズラン、レンゲツツジはまだ開花したばかりだった。その代わり、ホテイアツモリソウ、クマガイソウ、ドイツスズラン、クリンソウ、ベニバナイチヤクソウなどの花々を鑑賞できた。 . . . 本文を読む
コメント (6)

長野・群馬の滝・湖・池巡り(5月28日~29日)後編(5月29日)

2017-06-10 21:39:47 | 旅行
5月29日 旅の2日目は草津温泉のホテルで目を覚ます。窓を開ければ太陽が眩しい。今日も快晴、楽しい旅ができそうだ。バスの出発時間が遅いので朝風呂でリラックスし、ホテルの広い庭と周辺遊歩道を散策。10:30ホテルが用意した中型バスに乗り、大川の滝(おうせんのたき)を訪れ豪快な流れを鑑賞、その後標高1500mにある野反湖畔の散策。最後は今回の旅のハイライトのチャツボミゴケ公園だ。群馬県の天然記念物に指定されたチャツボミゴケ公園は、昔、鉄鉱石の鉱床があり、 露天堀りによる採鉱が行われていた。チャツボミゴケは酸性の水が流れるところに 生育する。 . . . 本文を読む
コメント (4)

長野・群馬の滝・湖・池巡り(5月28日~29日)前篇(5月28日)

2017-06-05 20:08:07 | 旅行
5月28日~29日に長野と群馬の、通常は大型バスで行けない秘境を巡った。初日(28日)先ず訪れたのは奥蓼科温泉近くの神秘的な「御射鹿池」、そしてその近くの明治温泉にある「おしどり隠しの滝」。その後「日本の貴重なコケの森」で知られる八千穂高原と高原内にあり紅葉の美しさで有名な白駒の池を訪れた。 . . . 本文を読む
コメント (6)

山梨 清里高原を歩く(5月23日)

2017-05-31 17:22:47 | トレッキング
5月23日 快晴の日 クラブの仲間と清里高原を歩いた。清里高原(きよさとこうげん)は、山梨県北杜市周辺に広がる高原であり、八ヶ岳の南東麓に広がる観光地として有名である。清里高原には数多くの牧場があるが、今回は牧歌的な八ヶ岳牧場の中と高原に咲くヤマナシの花やミツバツジ、さらには少し雪が残る八ヶ岳の峰々の鑑賞を目的に歩いた。 . . . 本文を読む
コメント (6)

栃木 日光東照宮と日光植物園を歩く(5月12日)

2017-05-25 20:46:17 | サークル活動
 5月12日地元サークルの仲間と日光東照宮を訪れた。日本を代表する世界遺産「日光の社寺」の中でももっとも有名な「日光東照宮」は 徳川家康がまつられた神社で、現在の社殿群は、そのほとんどが寛永13年3代将軍家光による「寛永の大造替」で建て替えられたもの。2017年3月中旬から「平成の大修理」を経た陽明門、唐門などが、4年ぶりに公開された。今回訪れたのは、大修理を終え本来の輝きを取り戻した陽明門、唐門などを一目見てカメラに収めるのが目的だった。その後少し時間に余裕ができたのでバスで10分ほどの距離にある日光植物園にも足を伸ばし咲き誇る春の山野草を鑑賞した。 . . . 本文を読む
コメント (6)

千葉 養老渓谷・大多喜の県民の森ハイキングと玉ねぎ狩り(5月6日)

2017-05-21 20:11:09 | トレッキング
5月6日 クラブの仲間と養老渓谷・大多喜県民の森をハイキングした。養老渓谷は千葉県大多喜町から市原市を流れる養老川によって形成された渓谷であり、春はツツジ、フジ、秋には雑木の紅葉が美しく、ハイキングコースも整備されている。養老渓谷でハイキングした後にバスで「大多喜県民の森」へ移動し、公園広場で昼食を摂ったあと、後背の小高い稜線を歩いた。その後バスで九十九里浜の真ん中に位置する白子町に移動し、玉ねぎ農家で新玉ねぎ狩りをした。 . . . 本文を読む
コメント (6)

「ひたち海浜公園」と「あしかがフラワーパーク」を歩く(4月28日)後編(足利フラワーパーク)

2017-05-17 17:21:00 | 旅行
4月28日午後 ひたち海浜公園を後にしてバスは栃木県の足利フラワーパークに向かう。ここには樹齢150年におよぶ大藤と、四季折々の花が約9万2000平方mの敷地に咲き乱れる「花の楽園」。この時期には600畳敷きの藤棚を持つ大藤や、長さ80mもの白藤のトンネル、きばな藤のトンネルなど、350本以上の藤が咲き誇る。さらに同時期のクルメツツジや沢山の山野草が見られる。 . . . 本文を読む
コメント (4)

「ひたち海浜公園」と「あしかがフラワーパーク」を歩く(4月28日)前篇(ひたち海浜公園)

2017-05-13 11:16:56 | 旅行
今年も ネモフィラとチューリップが見たいと思っていたところ、旅行会社のパンフレットの中に地元発のツアーを見つけたのでこれ幸いとばかり申し込んだ。行き先の一つがネモフィラで有名な「ひたち海浜公園」、もう一つが豪華な藤の花で知られる「あしかがフラワーパーク」。地元を出発したバスがひたち海浜公園に到着したころ暗雲が空に立ち込め、雨が落ちてきたので先行き心配したが、公園内を歩き始めたころには青空も望め、みはらしの丘をブルーに染めるネモフィラの絨毯を堪能できた。 . . . 本文を読む
コメント (6)